カピバラカメラ capybara camera

カピバラが大好きです。

  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --/--/-- --:-- スポンサー広告 | TrackBack(-) | Comment(-)

  2010年1月22日の日記:BANDAGE2回目を見てきた!そしてわたしはカピバラを撫でたくなった。 

コピー ~ 2010-01-10-GX-001 

2010年1月22日の日記:
(本当に日記でして、カピバラはあまり関係ないです)

朝ごはん:昨日の夜作った肉じゃがのあまりを食べた。

朝9:00: TBSのはなまるマーケットの1コーナー、はなまるカフェに赤西君が出演するので、生まれて初めてはなまるマーケットを録画予約した。テレビはもちろんテレビデオなので録画はビデオ。はなまるカフェ録画バージンを喪失した。

10:00~18:00:普通に仕事を頑張った。ツイッターが公式RTの話題でいっぱいになるが、正直意味がよくわからなかった。

12:00:同僚Aさんと和食ランチ。

19:00:映画BANDAGEをひとりで新宿バルト9で鑑賞する。2回目。

21:20:BANDAGEを2回見てわかったこと。ナツとアサコの関係は、最初に見たときは 1.付き合ってないのにじつはやりまくっている(言葉が悪くてスミマセン)、もしくは 2.付き合っているのにプラトニック、の両極端などちらかではないのか、と考えていた。しかし2回目を見たら、これは交換日記なのだということがわかった。劇中交換日記の場面が出てくるが、これは劇中で月日が流れてはいるけれど、その月日が流れてもあくまでも二人の関係は交換日記だったのだと確信した。

21:30:交換日記なんだと、もっと素直に映画の内容を受け止めるべきだとわかって以降、なぜか猛烈にカピバラを撫でたくなった。今週はBANDAGEと他にもう一つ映画を見ました。もうひとつの映画は、よく練られた緻密なストーリー、味のある役者さん、素敵な音楽で彩られた映画だったのがどうしても「ぐわっ」という気持ちにならなかった。だからこそもう一度BANDAGEを見たのですが、その結果興奮してカピバラを撫でたくなった。BANDAGEはアイドルが主役で、演技が素晴らしい人は僅かかもしれないし、ストーリーもあってないようなもなのですが、ものすごくぐわっとくる。ぐわっとくるものと来ないものの差は何なのかがわからないけど、そこには大きな違いがあるみたいだ。この気持ちをいつか説明したい。
そして何かに感動したり大きく気持ちが揺すぶられて興奮すると、人は何かしたくなると思うのですが、私にとってそれはカピバラを撫でたくなることらしいです。猛烈に撫でたい。

22:00:「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんかー?」と飛行機の中で叫ぶ人のように、電車の中で「お客様の中にリアルカピバラはいませんかー?」と叫びたくなったけどなんとか我慢した。

23:00:いつもは氷結だけど今日はワインを買った。

0:00:旦那爆睡につき、ひとりでツイッター。ツイッターで嘘ハーレクイン#fakeharlequinというハッシュタグが勃発していて、それをたどって読むと泣ける展開に。今現在KAT-TUNのファンなのに、こんなに「帰ってきた渋谷系」の歌詞を読むとぐっとくるなんて!オザケンは私にとって今も神様だった。KAT-TUNのファンであってもオザケンのコンサート行ってもいいかなとかつまらん葛藤をしつつ、嘘ハーレクインに参加する。twitterより2chの方が遥かに面白いと思ってきたけど、ツイッターのこんな楽しみ方があるなんて!とツイッター初心者として感動しつつ、ワインが終わったので梅酒飲みながらブログ更新です。

2010-01-09-GX-039.jpg 

酔っぱらいが興奮しながら書いたブログでスミマセン。こういうのは後日きっと後悔する。
スポンサーサイト
 2010/01/22 23:59 映画の感想 | TB(0) | CM(2)

  空中キャンプさんの「2009年の映画を振り返る」に参加します。 

2009movies.jpg
古い映画のひとこま

大ファンのブログである空中キャンプさんが開催されている、2009年の映画を振り返る企画に参加します。

1.名前(id、もしくはテキトーな名前)/性別
カピバラリ/女性

2.2009年に劇場公開された映画でよかったものを3つ教えてください
1.ヱヴァンゲリヲン新劇場版・破・・・続く2作を見ないと死ねません。
2.南極料理人・・・笑いあり涙ありの素敵な作品でした。
3.サマーウォーズ・・・爽やかで夏らしく素敵な映画でした。

次点:カールじいさんと空飛ぶ家・・・開始10分間くらいの間はもうずるいっす。超泣けました。

3.2で選んだ映画のなかで、印象に残っている場面をひとつ教えてください
南極料理人で、堺雅人さんが隊員の作ったべとっとしたおいしくない唐揚げを食べて、
日本にいる奥様が作った唐揚げと家族を思い出して泣いてしまうところ。

次点:エヴァで「翼をください」がかかるシーン&水族館のくだり全般

4.今年いちばんよかったなと思う役者さんは誰ですか

堺雅人さん 
昨年の大河ドラマでのご活躍、そして今年は主演作品が軒並み封切られ、旬な俳優さんだと思いました。
来年早々にもすぐに映画「ゴールデンスランバー」の公開が控えておリ、今後も活躍が楽しみです。
そして、できれば重婚の罪に問われないかたちで堺さんと結婚したいのですが、
どんな方法があるかわからず困っています。とにかく結婚したいです。
なにか名案があれば教えてください。

次点:よく見かけた高良健吾さん。南極料理人でもハゲタカでもいい味出してました。

5.ひとことコメント
2009年を振り返ったときに見た映画がアニメばっかりでチビッコのようでした。
来年はキャンプさんのように洋画も見たいなと思います。
それと、あんまり映画見ていないのに参加してしまってスミマセン。
これからもブログ楽しみにしています&CD-ROM面白かったです。

 2009/12/21 17:57 映画の感想 | TB(0) | CM(0)

  【映画】『南極料理人』 を見てきました!@テアトル新宿 

nankyoku.jpg 
ヤフー映画より

※以下ネタバレ感想でーす。







テアトル新宿で映画、南極料理人を見てきました。
千円デーということもあり、昼間は立ち見も出るほどの人気だったようです。

南極観測隊に料理人として参加した、西村淳さん原作のエッセー「面白南極料理人」を映画にしたもので、その料理人を上様こと堺雅人さんが演じています。南極観測隊のおじさん8人の「南極での日常物語」です。

舞台が南極であることを除くと、特に語ることもないくらい大事件が起こりません。こういう事件が起こらない映画はたまにあって、シュールすぎてよくわからない、なんてことも時折ありますが、この映画はそこかしこに笑えるポイントがはいっていて、しかもそれが寒くない。予想外で笑えるので心から面白いし、そもそも演じている人が生瀬さんとかきたろうさんなので、普通にしていても面白いくらいです。

千円デーということもあり満席の劇場で、みんな同じタイミングで面白いと感じたのか、最初から最後まで客席で笑い声が響くような、緩い一体感が生まれるとても良い映画でした。行く前はそれほど期待はしてなかったのですが(スミマセン)、予想の数万倍楽しく見れました。

大事件は起こらないのですが、細かいイベント(事件というほどでもない)は数々起こります。いろいろ細かい事柄が一見伏線には思えないのですが、あとでその小さなことが別の出来事につながり、それがみな自然でとても良かったです。

ひとつメインイベントを決めるならやはり堺さんの唐揚げを食べながら泣いてしまう場面かと思いました。映画なので、作っている人たちはきっと「ここでこうすると泣ける」みたいなものは考えてらっしゃると思いますが、『歯のエピソードのあと、このタイミングで、このからあげが出てきたら、そら誰でも泣けてくるに決まってる、笑えるけど涙も出るよね』 みたいな流れが、ものすごく自然に描かれていて、本当にぐっときました。感動させようというのではなく、思いで胸がいっぱいになって泣けてきてしまうところが本当に良かったです。堺さんの笑いながら泣いている姿も本当に素敵でした。

なんだか絶賛していますが、わたくし堺さんのファンなので多少上様フィルターがかかっているかもしれないです・・・

映画内における堺雅人さんの萌えポイント:
・「どこに~?」の口調
・「カニだよ」の口調(あまりに素敵で死にそうになった)
・後半髪の毛が伸びており、その伸びて無造作な髪の毛にぐっときた。
・パンフレットのラーメン横の写真とかいいですね。
・ロン毛にしているとちょっとだけ松っちゃんに似ている気がする(でも別にうれしくない)
・本作を特集した「キネマ旬報」の表紙の上様のあまりのかっこよさにぐらっときた。
・最後に観覧車とペンギンの場面があり「これどこかで・・・」と思ったら東武動物公園だった。
・とりあえず全般かっこいい。

そういえば、ハゲタカで労働者の決起を主導しようとする自動車メーカーの青年を演じた高良健吾さんが、今回は最年少南極観測隊参加者を楽しく演じていて、なんだかうれしくなりました。最後良かったです!

いやー見に行って良かった!
堺さんがにぎったおにぎりが食べたい。とてもおいしそうでした。

 2009/09/03 22:03 映画の感想 | TB(0) | CM(0)

  【映画】サマーウォーズ 

summerwars-pic.jpg 
この画像はヤフー映画より転載


アニメ映画「サマーウォーズ」を先週の金曜日に新宿バルト9で見ました。素晴らしい映画でした。

ネットワークの世界とアナログな親戚の皆さんの2つの世界が絡み合って進む物語ですが、ネットだから人との関係が希薄、とかそういうありふれたものでなく、どちらも正しい世界で純粋に絡み合っている関係がとても良かったです。笑いあり涙ありで、爽快なまさに夏休みの映画で素晴らしかったです。大して映画を見ない私が言ってもなんの説得力もないけど、今年ナンバーワンに勝手に決める。

それにしてもお盆ということで、昼間の回でもほぼ満席でした。そして男性30代~40代くらいの割合がとても多かったです。時をかける少女で細田監督作品に惚れた皆様が多かったのでしょうか。バルト9はまだエヴァも上映しているので、ロビーはなおさらそのあたりの男性割合が多かったように思います。

それにしても、主人公がシンジ君に見えてしまうところとか、わびすけが加持君に見えてしまうのは仕方ない。目が血走っている危機的な状況の時の顔が同じに見えてしまう。

舞台はネットワークの空間と主役となる陣内家、そして上田市なのですが、景色がとてもキレイで、陣内家の板張りの昔ながらの大きな田舎のお家の情景もとても良かったです。あのお家はいいですね。

わたしはおばあちゃんのメッセージあたりでかなりぐっときてしまい、お茶を飲んだりして泣くのをこらえぎみに見たのですが、実はダンナH氏が嗚咽レベルに達していたことをここに記しておきます・・・。

公式サイト
http://s-wars.jp/index.html
 2009/08/17 21:29 映画の感想 | TB(0) | CM(0)

  【映画】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 

bnr_eva_a01_02.jpg 



ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 を見てきました。
公式ページ
http://www.evangelion.co.jp/index.html

いや本当に素晴らしかった。
素晴らしくて感想を書きたいので、「続きを読む」に書きます。ネタバレです。

ストーリーに関係しない感想としては、ミサトさんが飲んでいた(というか棚に沢山置かれていた)日本酒のビンが「獺祭」(カワウソの祭りと書いて『だっさい』と読む)でして、一度以前買って飲んだことがあったので、嬉しかったです。おいしいです。ローソンやUCCのように提供してるわけではなさそうですので、庵野さんとかスタッフさんにファンがいるに違いないと思いました。

獺祭の酒造のホームページ http://asahishuzo.ne.jp/


それにしても使徒が序でも破でもかっこよすぎるなー。
今住んでいる我が家の玄関だと棚がなくて何も飾れないのですが、もし引越しとかして玄関の靴箱の上にものが置ける棚が登場したら、使徒のフィギュアを飾ろうと思いました。エヴァ初号機でも零号機でもパイロットでもなく使徒だな、うん、使徒。どの使徒を選ぶか考えておきたい。

「ただいまー」と家に帰ってきて玄関脇にシャムシエルがいたりするのはわりと良い家だと思います。

syamu 
シャムシエルさん。 映画の序に登場しました。


以下はネタバレですよー





 2009/07/05 11:02 映画の感想 | TB(0) | CM(0)

  【映画】 ハゲタカ 

hagetaka_ban_l.gif

映画 ハゲタカ
公式HP http://www.hagetaka-movie.jp/index.html


amazonhagetaka.jpg
amazonのサントラの写真をお借りしてます。

『こんな国に誰がした』

あれから4年・・・・・・世界金融危機前夜。
混迷する現代日本に、赤いハゲタカが舞い降りた!
かつて瀕死の日本企業を次々と買い叩きながらも、日本のマーケットに絶望した鷲津(大森南朋)。海外生活を送っていた彼の元へ、大手自動車メーカー「アカマ自動車」を、中国系巨大ファンドによる買収危機から救って欲しいと、かつての盟友・芝野(柴田恭兵)が頼みに訪れる。
名門「アカマ」の前に突然現われたのは、“赤いハゲタカ”こと劉一華(玉山鉄二)。巨額の資金を背景に鷲津を圧倒し続ける劉。彼の本当の狙いとは何か?
世界金融危機前夜に幕を開けた“ハゲタカVS赤いハゲタカ”の壮絶な買収戦争。
「日本が中国に買い叩かれる!?」という未曾有の危機に、鷲津はどう立ち向かうのか?
(映画公式HPから引用)



以下ネタバレ感想ですよー(´・ω・)
 2009/06/11 21:03 映画の感想 | TB(0) | CM(0)

  【映画】相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 初日舞台挨拶 

相棒 

2009年3月28日(土曜日)、相棒のスピンオフ映画『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』の初日舞台挨拶に当たったので、ダンナH氏とともに有楽町のTOEI2に行ってまいりました。

舞台挨拶は、米沢さんと萩原雅人さんに加え、なんとイタミンも右京さん(水谷豊さん)も登場してそれはそれは豪華でした。



 2009/03/29 08:57 映画の感想 | TB(0) | CM(0)

  映画 『アフタースクール』 

映画 『アフタースクール』


Movie-AfterSchool.jpg


面白い度      ★★★★★★★★★★
上様(堺雅人)素敵度  ★★★★★★★★★★
もう一度見たい度  ★★★★★★★★★★

めちゃ面白かったです。マジであります(`・ω・´)
上様目当てで見に行ったのですが、これは見て良かった。
ストーリーが読めず、驚くこと多々あり、もう一度改めてみたいくらいな傑作です。
そのうえ上様のスーツに萌え、更に最後の方のファミレスのところとか超萌えです。
上様も佐々木蔵之助さんも大泉洋さんも、味がありました。
 2008/09/16 00:00 映画の感想 | TB(0) | CM(0)

  映画『クライマーズ・ハイ』 

映画『クライマーズ・ハイ』


Movie-ClimbersHigh.jpg


息もつかせぬ度        ★★★★★
上様(堺雅人さん)の素敵度  ★★★★☆
(真剣に働く人々の映画なので、上様独特の笑顔場面は1,2回だけ。
 でも働いてる様子は素敵でした。)

見た日:ちょっと前
見た場所:歌舞伎座の近くの映画館
 2008/09/16 00:00 映画の感想 | TB(0) | CM(0)
  プロフィール

バラリ

Author:バラリ
カピバラが好きです。

このブログについて
プロフィールはこちら

  もうひとつのブログ
カピラーゾフの兄弟

カピラーゾフの兄弟、という読書ブログをやっています。
  私が出会ったカピバラ一覧


2011年1月更新
  ねずみの仲間一覧


ねずみの仲間について。 ※中途半端ですが公開。上の画像をクリック。
  いろいろやってます

ようつべへのリンク画像
youtubeに動画をアップしてます。

ふりっかあのリンク画像
ブログにない写真も多く載せてます。

ついったーへのリンク画像
ツイッターやってます。
  リンクについて
ブログはリンクフリーです。



  月別アーカイブ
  ブログ検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。