カピバラカメラ capybara camera

カピバラが大好きです。

  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --/--/-- --:-- スポンサー広告 | TrackBack(-) | Comment(-)

  カピバラ画像でまた遊ぶ。 

002.jpg
『カピバラルービックキューブ』

以前のエントリで、オンラインで自分の写真を雑誌風にコラージュしてくれるサイトを使い、カピバラの画像で遊んだことがありました。
http://nikkei225kattun.blog111.fc2.com/blog-entry-203.html

今回もまた別のサイトではありますが、面白い加工ができるところがあり、また懲りずにカピバラの画像をいろいろと。。。楽しいのです。
こちらの海外のサイトです。
http://www.dumpr.net/

001.jpg
『カピバラルジグソーパズル(簡単バージョン)』

上のジグソーパズルは簡単バージョンですが、下は結構難しいバージョンです。

006.jpg
『カピバラルジグソーパズル(難しいバージョン)』

これって一見、普通のカピ写真の身体の部分だけトリミングしてジグソー加工しただけに見えますけど、実は違って、元の写真がそもそも「カピバラの毛のドアップ」オンリーなのですよ。
『カピバラの毛のマクロ撮影』に挑戦した1枚です。挑戦ていうほど大げさなことなのかは不明ですけど。

紛れもなくノートリミング・・・ ( ゚д゚)ノ

寝ているカピにそっと近づき、起こさぬよう気配を消して撮影したものです。
ちなみに、こちらは伊豆バイオパークのユキさんの毛です。

008.jpg
『カピバラ@美術館』

↑これは美術館風のコラージュ。これもまたユキさん。

009.jpg
『カピバラ@美術館2』

これは美術館のお客さんが座って鑑賞しているバージョン・・・
写真は市原のカピオじゃない方(結局なんて名前なんだろう・・・)

005.jpg
『パパラッチされた風その1』

004.jpg
『パパラッチされた風その2』

もうこういうサイトを見つけると、とめどなくいろいろやってしまいますな。(´ω`)
デジタルのデジタルたる所以ていうか。面白いー
あとLOMO風ていう加工もあったんですが、それはまた別の機会に・・・(沢山やったから)


The Lord Of The Ringsの進捗:

第1巻、『The Fellowship Of The Ring』読了。・゚・(ノД`)・゚・。
人生で初めて、1巻が終わったので感動であります(`・ω・´)
今まで大体途中で投げ出していたのですが、投げ出さなかったのは携帯の辞書機能のおかげのような。
ありがとう携帯版のジーニアス英和辞典よ。
そして第2巻の『The Two Towers』に突入しました。
ボロミアが・・・。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん
ボロミアを看取る時のアラゴルンとか泣けますな。それにしても1巻の終わりから物凄い勢いで物語が急展開を見せていて、結構手に汗握る感じで面白い。それにしてもサムは頭がいい。たまに号泣とかしてやけに熱くなってはいるものの、フロドのことになると凄く冷静で素晴らしい。もうサムが主人公でいいくらいの素晴らしさなのだが、そうなるときっと面白くないんだろうなぁ。


コメントとトラックバックの設定で英数字が0%以上のものをスパムと認定にしていたという・・・orz
英数字を一文字も許さないって・・・orz
設定ページの日本語が読めてなかった自分にへこみました・・・orz
トバリさん、コメントありがとうございました。(永遠に気づかなかった可能性がありました)
関連記事
スポンサーサイト
 2008/03/31 22:53 カピバラネタ | TB(0) | CM(2)

  恵比寿の桜 

RIMG7766.jpg

先日恵比寿で飲んだ時のお店の前が桜並木でしたのでパチリ。
全てRicoh Caplio GX100で撮りましたが、そう言うとリコーさんに申し訳ないくらい手振れしています。
ごめんなさい。

RIMG7751.jpg

RIMG7763.jpg

RIMG7759.jpg

特にライトアップとかされてるわけではないのですが、恵比寿の街灯やらお店の明かりやらで、
なんちゃってライトアップという感じで、結構キレイでした。
花見の名所だけでなくいろんなところで桜が咲いてる日本は素敵ですねー。
いやーそれにしても超手振れ。orz
関連記事
 2008/03/30 22:47 お花いろいろ | TB(0) | CM(0)

  カピバラの記事を読んだり検索してるうちに夜はふけて最後はamazonでカピ本をポチッと買っちゃう春の夜。 

RIMG4908.jpg
Ricoh Caplio GX100 『市原のカピさん日を浴びて。いつもよりお利口さん風。』

※今日のブログは延々とカピバラの話をしているだけです※


2007年3月17日のNew York Timesにこんな記事がありました。
『In Venezuera, Rodents Can Be a Delicacy』
『ベネズエラではげっし目はご馳走になる』って感じでしょうか。

内容は、カピバラとカピバラを捕まえるハンターおよびカピバラを食べることに関するもので、写真もスライドショーでいくつかあります。
3枚目の横顔写真がかなり味わい深い。野生カピバラの横顔です。
しかしここで注意:内容がハンティングですので、カピの血とか肉が思いっきり写ったものと捕まえられる瞬間の怖い写真があります。(8枚目と9枚目) そういうのが嫌いな方は見ない方が良いと思いますので、この点をお気をつけください。

記事へのリンクはこちら↓
http://www.nytimes.com/2007/03/21/world/americas/21rodent.html?n=
Top/Reference/Times%20Topics/Subjects/H/Hunting%20and%20Trapping


大雑把に内容をまとめるとこんな感じ(間違ってるとこおそらくあり):
・ベネズエラのハンターの目的は他の動物ではなくカピ
・ブラジルやアルゼンチンではカピは皮目的で捕獲されるのに対し、ベネズエラではご馳走にするのが目的でしかも牛肉の倍の値段をつける。
・ベネズエラでのカピは他国での感謝祭での七面鳥みたいなもの。
・ローマカトリック教会が四旬節の間「肉」を食べるのを禁じるが、多くのベネズエラ人はカピバラを「肉」ではなく「魚」に近い種別だと主張する。(それはイワシと豚肉を混ぜたものに似ているカピバラの塩漬けの味も影響しているかも)
・地元の聖職者がカピバラに魚の地位を与えるようバチカン市国に頼んだ18世紀ごろに、食カピは勢いづいたという伝説もある。
・カピバラは魚でも鳥でもないと科学者が主張してもカピバラの消費は落ち込まなかった。実際余りに人気で、政府がげっし目の狩りを制限する前は、もう少しでベネズエラからカピがいなくなるほどだった。
・インディアナ大学のLord先生は語る『アメリカではげっし目は単に下水とかにいるものとしか思われてなくてしょんぼり』『でも実際、カピ肉はおいしいよ。鳥よりうさぎの味に近い』
・(よくニュースに出てくる)チャベス大統領もカピ肉好き。「こんにちわ!大統領」というチャベス大統領のテレビ番組で、カピバラエンパナーダをお勧めしていた(※エンパナーダは、南米のミートパイ)
・げっし目を食べる習慣は他にもあって、ルイジアナではヌートリアとか。カラカスではカピを高級料理にしたりする。
・カピバラは自分のう○こを食べる習性があるけど気にしないで・・・。
・カラカス料理学校長さんは言う「料理する間大人しくしてくれとは言わないが(=ヴィヴァルディを聞いていろとは言わないが)、残忍でなく料理する方法はある「カピバラは素晴らしい食べ物うんちゃらかんちゃら」
・食カピは都会より地方でもっと色濃くて、ベネズエラでいるカピは10万匹くらいと推定。カピの多くはフェンスがあったりガードマンがガードした牛の牧場にいる。
・アルバラードさんは言う「カピは牛より盗みやすいから、今もまだ盗まれたりする牧場はあります」「いくつかのオスカピは重さ140ポンド、体長4フィートにもなるんですよ。とても特別なカピだぜ」  
・牧場はハンターに1日につき約8ドル支払う、日没ごろ牧場の持つ湿地までカートで行って懐中電灯でカピを探す。小型ライフルが1番有効だが、池や川に逃げられると意味がない。そのため遠くから狙う銛や鋼管が昔は使われていたけど、カピがいる川の中にピラニアとかも一緒にいるから怖いよ。カピも噛み付くし。
・ハンティングは大変だよ、と、カピの腎臓が好きなハンターのバルガスさんは言う。



長っ・・・まとめになってない・・・(;´Д`)  てか軽い全訳なんじゃ・・・

いろいろと興味深い記事です。チャベス大統領のハロープレジデント!てやけに爽やかなタイトルのテレビ番組も結構気になりますが、カピは肉ではなく魚であるという考え方とか、かなり無理がありそうだけどそういう発想が生まれるところが面白い。
感謝祭の七面鳥のようなカピバラの扱いとか。
同じ南米でも、ベネズエラはブラジル・アルゼンチンなどとはカピへの方向性が違うという点も。
アルゼンチンなどではお土産にカピ皮の工芸品などがあるってことは、ネット上でもたまに見かけます。

RIMG4910.jpg
Ricoh Caplio GX100 『市原のカピさん日を浴びて。別バージョン』

しかしまあ、カピの記事だと英文読解も熱くなりますよ。
もう中学高校の英語の教科書をどこかのドリッ○ーとかみたいなノリで全て『カピバラの大冒険(仮題)』にして、
朗読CDは全部ナレーションをKAT-TUNの赤西君にすれば鬼のように英語勉強しますからどうですかね>文部科学省さん。

そして記事中に出てきた"Rexford D. Lord"さんという方はインディアナ大学の先生みたいですが、この記事では「カピバラのエキスパート」と紹介されています。その方が書いた「Mammals of South America 」(南米のほ乳類)という本がこちら。
http://www.amazon.com/Mammals-South-America-Rexford-Lord/dp/
0801884942/ref=pd_bbs_sr_2?ie=UTF8&s=books&qid=1206511964&sr=8-2


1人だけこの本にレビューコメントを書いてる方がいるんですが、その人にとっては凄くダメな内容だったらしく★2つだけで、
コメントのタイトルが「disappointing」です。(´・ω・`)あーあ・・・
ですが、本自体の説明を読むと、
『この地域の動物&環境研究40年の著者によって撮られた255枚に及ぶ素晴らしい写真』
『哺乳類の中でも特集されているのはメガネグマ、カピバラそして(common)リャマ
やや気になるー

※ちなみになんですが、「common llama」ってなんだろうと思って、「普通のリャマ」かまたはそういう種類なのかなと検索したら、
こんなページがありました。 その名も『Llamapaedia』 ウィキペディアならぬ「リャマペディア」です。素晴らしいサイト名!
リャマとアルパカの専門サイトでした。
http://www.llamapaedia.com/index.html

対抗(?)してカピのwikiとして「カピペディア Capypedia」とか「カピウィキ CapyWiki」
でも作ろうかと思ったけど、思っただけで別に作りませんよ。

カピバラ専門家、カピバラ研究といえば(今まであんまり存じ上げなかったのですが)
こちらのEmilio Herrera先生は結構凄そう。
http://prof.usb.ve/eherre/eherreii.html

Herrera先生の経歴見ると、イギリスのオックスフォード大学で勉強したらしく、その時の研究テーマが「カピバラの動物行動学」て感じ。かっこいいいいいい。ていうかですね、

オックスフォードで


カピバラの研究


ってもうなんだか途方もなくかっこいい。惚れる。
こんな先生がいるならら今すぐその大学に留学して勉強したい!!!
(しかし先ほどのページの更新が結構古いっぽいので今もいらっしゃるのか不明)
ちなみにかつての教え子達の論文のタイトルみたいなものが掲載されているんですが、

『カピバラの警戒行動』とか
『カピバラの消化生理学』とか
『カピバラの草食性』とか・・・



超~楽しそうヽ(´∀`)ノ


ですがきっと授業はスペイン語なんだろうな~なんせベネズエラだから・・・
よし、もうすぐ4月だし、NHKスペイン語会話のテレビでも見るか!
<いろんなものの4月号を今までもいっぱい買ってきた私の人生・・・そしていつも4月号だけで終わる・・・。
ちなみにNHKスペイン語のテレビ講座リンク2つ:
http://www.nhk.or.jp/gogaku/spanish/
http://gogakuru.com/sp/

この辺のカピ周辺事情は物凄く詳しく下記のページに書いてありまして、凄く有名なページだと思いますが一応リンク。
(ちらりとは見ていたのですがあまりじっくり読んでなかったのを今更激しく後悔しています。)
http://www.rebsig.com/capybara/

そしてそこからこのカピ本へリンクが・・・

hon.jpg

日本amazon:
http://www.amazon.co.jp/Capyboppy-Bill-Peet/dp/0395383684/ref=
sr_1_1?ie=UTF8&s=english-books&qid=1206626290&sr=8-1

『Capyboppy』というカピバラの絵本っていうか。チビっ子向けの本です。

アメリカamazonだと中身検索ができますので、中身を数ページ見ることができます。
http://www.amazon.com/Capyboppy-Bill-Peet/dp/0395383684/ref=si3_rdr_bb_product

それでここでの最大のポイントはですね、アメリカのamazonではレビューをしている方が数人いるんですが、

そのレビューの一番上がなんと、

先ほどの
Emilio Herrera先生(っぽい方)なんですよ!


しかも、20年近くカピバラの研究をしているがこの本は素晴らしいと☆5つで大絶賛のレビュー!!!
そんなわけで私もamazonでポチッと! (この本に今まで気づいてなかったので)
注文してみました・・・

RIMG5349.jpg
Ricoh Caplio GX100 『市原のカピさんたそがれ中』

ふぅ。
こうして鬼のように検索したり次から次へリンクしているとどんどん深みにはまり、春の夜は更けていくのでありました。

なんだか熱くなってますが、こんな日もあるってことで。

関連記事
 2008/03/29 00:50 カピバラ本を読む | TB(0) | CM(5)

  伊豆のお蕎麦はおいしかった(`・ω・´) 

RIMG7339.jpg
Ricoh Caplio GX100 『伊豆で食べたわさび蕎麦』

カピバラの茶色い写真が続きましたので、たまには食べ物でも。
先日の伊豆旅行の際に伊豆高原あたりで食べたお蕎麦です。わさびそばです。

RIMG7338.jpg
Ricoh Caplio GX100 『なまわさびさん』

このわさびを自分ですりまして、それをもりそばの上に乗っけてつるっと食べる。 これがうまいいいいいいい。 めちゃんこおいしかったのであります(`・ω・´)
東京でもお蕎麦屋さんにはしょっちゅう行くのでありますが(蕎麦屋のつまみが好きなため)、伊豆で楽しく旅行中ということもあるし、生わさびだし、さらにさらに麺つゆがとんでもなくおいしくてですね、大感激でございますよ。 こんなに蕎麦湯が飲みたくなったことはかつてないくらいめんつゆ+蕎麦湯がおいしかった。

RIMG7379.jpg
Ricoh Caplio GX100 『いちごさん』

そういえば、この表を更新していなかったのでちらりと更新。

日にち行った場所滞在時間覚えておきたい特記事項
1月13日上野動物園40分くらい

カピバラに新年の挨拶をした。1人で行った。
カレーナンドッグを食べた。おいしい。
蜜柑ちゃんと初めてお会いした。
上野の年間パスポートを買った。

1月14日オークラランド
住宅展示場
割りと長くカピバラが住宅展示場に展示されていた。
(参考リンク)

寒そうだった。東京で家を買うのは厳しい
ダンナと行った。
かわいくて毛並みのいいカピだった。
2月2日上野動物園1時間くらいカピバクリャマ舎工事で3時半にカピ部屋IN。
バクさんいなかった。1人で行った。
蜜柑ちゃんが動く様子を初めて見た。
2月16日東山動物園1時間くらい

久々に東山に行って懐かしかった。
カラスが結構来る場所であり、
カピは辛そうな場面もあった。
カピは女子2人で美女揃い。
クロさんとグローブさん
丸っこい鳥さんと暮していた。

New!
3月7日

伊豆
バイオパーク

5時間近く友達3人との伊豆旅行の初日に1人で
先について長いことといた。
カピは3匹いて、ユキさんボアタルジ、ドミトル
春の陽気でよく寝ていた。梅満開。
友達が遅くて1人でカレーを食べた。
New!
3月8日
伊豆シャボテン
公園
3時間くらい初シャボテン。やっと温泉カピ一家が見れた。
足の具合が悪いカピがいて心配。
チビッコが数匹いて可愛い。
カピバラ関連+ハシビログッズを沢山購入。
レモン風呂だった。オシャレさん。
New!
3月22日
上野動物園3時間くらい蜜柑ちゃんと親カピが離れて生活していた。
蜜柑ちゃんはバードハウスでラッパ鳥などと。
親カピのいるカピバクリャマ舎ではバクが
暴れていた。カピは逃げていた。
2008年東京の桜開花宣言の日。3人で行った。


こんな感じですかね。
しかし3月に比較的遠出の伊豆があったのでなかなか次の遠出は難しいですな。
長崎は遠いなぁー


 The Lord Of The Ringsの進捗:

いよいよ1巻の最終章である『The Breaking of The Fellowship』に突入。
この前の章の終わりで、川沿いにそびえたつArgonathアルゴナスの巨大石像の間を舟で通り過ぎる場面がありました。その部分の、フロドのアラゴルンを見つめる視線が素敵。
そこにはもう薄汚れた服を着たstriderの姿はなく、自分の土地に帰還した王の姿があった、みたいな。
カッコイイ。 しかしそろそろボロミアが微妙な状態になってきました。フロド逃げてええええ。
もうすぐ1巻が終わります。
関連記事
 2008/03/27 21:58 食べ物いろいろ | TB(0) | CM(0)

  蜜柑ちゃんの続き。 

RIMG7482.jpg
Ricoh Caplio GX100 『黒目がちの蜜柑ちゃん』

さて、一昨日のエントリーに書いた上野動物園のカピバラ蜜柑ちゃんの続きです。
http://nikkei225kattun.blog111.fc2.com/blog-entry-246.html

上野のハードハウスの一部は1階と2階が2階部分で繋がったアーチ状になっており、1階を通るお客さんはアーチの下の部分を通り、2階で見るお客さんは2階くらいの高さの木の上に止まった鳥なんかを観察できます。
見ていると、そのアーチ部にいる鳥は基本的に2階部分の高さにいることが多いようですが、飛んでおらず地面をよく歩いている鳥が1種類いました。
それがこちらの鳥さんです。

RIMG7488.jpg
Ricoh Caplio GX100 『ガラス越しのラッパ鳥』

和名「ラッパ鳥」です。
何がラッパ・・・という感じではありますが、なんと英名が『Trumpeter』、文字通りトランペット吹きです。
それを訳してラッパ鳥になったのだと思われます。
各種サイトで見てみると、鳴き声がトランペットに似ているからそうつけられたらしいです。

amazonのTrumpeterのページをリンク。

和文によるラッパ鳥科の説明:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E7%A7%91_%28Sibley%29

詳細は英文のみ:
http://en.wikipedia.org/wiki/Grey-winged_Trumpeter

これによれば、原産は南米はアマゾン川流域らしいので、まんざらカピと縁遠い鳥さんでもなく、
現地ではお会いしてる可能性も多々ありそう。

RIMG7507.jpg
Ricoh Caplio GX100 『蜜柑さん』

アーチ状の左側に蜜柑ちゃん、右側にラッパ鳥さんがいたので2種の絡みは見ていませんが、何せチビッコであり後から来た蜜柑ちゃんです、どうか仲良くしてくださいラッパ鳥の皆さん。


今日の夜はカートゥンKAT-TUN、遅い時間だけど見逃さないよう<自分。


The Lord Of The Ringsの進捗:
現在大河Anduinを南にずんずん渓流下りしているところ。
なんだかボロミアが微妙な空気をかもし出す描写が多くなってきた(気がする)。
それに川沿いに怖い鳥が飛んでいたりゴラムの影がチラついたり不穏な空気。
映画ではレゴラスの見た目のかっこよさが群を抜いていましたが(主観です)、原作だけ読んでるとまあどう考えてもアラゴルンがかっこいいわな。ていうかいろいろ歴史ある過去を背負った隠れた王だから当たり前ではありますが。たまにアルウェンのこと思い出したりしてどっかに意識が飛んでるようなところが結構萌えキャラ。
関連記事
 2008/03/26 22:12 上野動物園 | TB(0) | CM(0)

  みんなお昼寝~ぽかぽか春の足音。 

RIMG6663.jpg
Ricoh Caplio GX100 『カピバラのお昼寝(顔の左から)』

春の日差しの中のんびり寝ているカピバラ@伊豆バイオ。後ろにある木は梅です。

RIMG7532.jpg
Ricoh Caplio GX100 『ライオンのお昼寝』

なぜか左右対称で寝ているライオン@上野。

RIMG6804.jpg
Ricoh Caplio GX100 『やぎのお昼寝』

やさしげな顔で寝ているやぎさん@伊豆バイオ

RIMG7308.jpg
Ricoh Caplio GX100 『バクのお昼寝』 

ワイルドな寝方のアメリカバクさん@伊豆シャボテン

RIMG6736.jpg
Ricoh Caplio GX100 『うさぎのお昼寝』 (※再掲です)

これは再掲ですが、眠そうなうさぎ@伊豆バイオです。

RIMG6818.jpg
Ricoh Caplio GX100 『カピバラのお昼寝(顔の右から)』(※再掲です)

こちらも再掲ですが、寝ているカピバラ右から@伊豆バイオです。
左からの顔も載せたからなんとなく右からも併せて・・・

RIMG7508.jpg
Ricoh Caplio GX100 『春の光』

春はうたた寝に限りますな~
リコー公式GRブログのトラックバック、『春の足音』の最終日に駆け込み参加です。
テーマは「みんなお昼寝」。春のぽかぽか感を出してみた(つもり)。

リコーのリンクから来てくれた皆様にカピバラの写真を(嫌でも)見せるという思惑が・・・(><;)
関連記事
 2008/03/25 21:03 伊豆バイオパーク | TB(0) | CM(0)

  ガラス越しの蜜柑さん 

RIMG6145.jpg
Ricoh Caplio GX100 『2月の蜜柑ちゃん』

さて、先週土曜日に、友達と3人で上野動物園に行ってきました。
各ブログでも皆さんレポされているように、親と子が別々に生活することとなった上野のカピ。
そこで、子カピの蜜柑ちゃんが移動し、現在住んでいるというバードハウス1階に行ってみました。

RIMG7490.jpg
Ricoh Caplio GX100 『バードハウス1階』

こちらがバードハウスです。
バードハウスは1階と2階が吹き抜けになっていて、その両方から鳥達を観察することができます。
だいたい2階が比較的混んでいます。2階への直通入り口が結構いい場所にあるんですよね。
蜜柑ちゃんがいるのは1階です。
上の写真の右奥に、蜜柑ちゃんがいます。

(厚いガラスで囲まれていますので、ものすごーく写りこみまくりな写真が続きますがお許しください←言い訳)

RIMG7470.jpg
Ricoh Caplio GX100 『鳥達に混じってカピバラの表示あり』

もう1枚遠巻きの写真です。一応ですね、鳥達の名前カードの下にカピバラもちゃんと出ています。
さて近寄ってみると。。。

RIMG7474.jpg
Ricoh Caplio GX100 『あ、いた。ザ・写りこみ』

蜜柑ちゃんです。
最初に見に行った時は、出口付近の壁に寄り添って壁と同化して座ってました。
ちなみに、園内一周して戻ると物凄い奥まったところにいてほとんど見えなかったので、近くで見れたのは幸運かも。
そしてガラス越しではありますが、この場所に座ってる間は、上野史上最も近くで見れるカピバラと言えます。
1番最初の写真と比べていただくとわかるかと(すごいわかりにくいですけど)思うのですが、結構身体が大きくなっている。
リスの口が膨らんだチビ団子から、ちゃんとカピらしくなってきたというか。
凄く毛並みもきれいで、おめめも大きくて、美少女であります。

RIMG7477.jpg
Ricoh Caplio GX100 『物思いに耽る蜜柑さん』

親子別々は少々寂しげ、と思ってはいたのですが、どのような事情にしろですね、とりあえず蜜柑ちゃんだけでもバードハウスに避難できてよかったね、と思うような微妙な出来事が親カピのいるあのカピバクリャマ舎で土曜日の午後発生していました。
それについてはまた後日書きますが、簡潔に言いますと

『バクが怖い。怖すぎる。』です。

RIMG7502.jpg
Ricoh Caplio GX100 『ぼんやり写しちゃったけど、見返り蜜柑ちゃん』

蜜柑ちゃん、鳥に混じって1人だけどどうかがんばって大きくなるんだぞ。
このブログは、蜜柑ちゃんを応援しています(`・ω・´)


そういえば、昨日TOEICを受けました。
新方式になってから2度目(旧式を入れると相当回め)なんですが、どうしてもリスニング問題の2章の2人がお話していてそれに見合った答えを3択から選ぶ問題が嫌いです。
その後の1人メッセージ・伝言・アナウンスなどの3章と4章の方はそう嫌いでもないのですがあの2章がなぁー
ところで会場が今まで全て大学だったのですが昨日初めて高校で受けまして、大人達は皆高校の掲示板とか廊下に張ってある書類とか眺めて、ちょっと懐かしい気持ちになったりしていた。
高校の教室が会場なので、大学の講堂なんかに比べて遥かに狭く、その上なんと1番前の席だったのでリスニングの音声が聞きやすくってなんだか得した予感。


NTTドコモの新しい企業イメージ広告のCM「優しい未来」(出演:KAT-TUNの赤西君)が
あまりに素敵でau使いの自分に凹むくらいです。
ああいう感じを求めていた、と思えるような普通なしぐさと自然な風景の数々。


The Lord of the Ringsの進捗:
Lorienの地に別れを告げ、船で動き出すところあたり。
Mirror Of Galadrielの章が第1巻ではどう考えても1番難しかった。
原因はガラドリエルとケレボルンご夫妻が高尚過ぎて言葉遣いが断然難しいことによる。


長いですがまだ書きたいことが。
わたくし通勤にPASMO定期を使ってるんですが、便利な反面恐るべき盲点に気づきましたよ。
それは、「定期の期限が切れたことにいつまでも気づかない」、です。
先日ですね、定期券の有効期限が切れたのですが、それに気づかず数日通勤してしまったんですよ。
なぜならPASMOにそこそこの金額がチャージしてあったから・・・
昔の磁気定期券のように毎回取り出して改札に通すことがなくなったので、定期券の有効期限の日にちを見ることもなく時は過ぎ、しかもチャージ分通れてしまうという。
恐るべしPASMO。
関連記事
 2008/03/24 23:59 上野動物園 | TB(0) | CM(0)

  葉っぱの続き、最終回。 

RIMG6925.jpg

(昨日の続き)            カピ 『やっと葉っぱもろた~わーい。むしゃむしゃ』

RIMG6926.jpg

               カピ 『あの・・・そろそろ葉っぱからお手を離しては頂けませんでしょうか?』

               わたし 『あ、それは気づきませんで大変申し訳なく・・・』

RIMG6927.jpg

                カピ 『いえ、気づいてくださればそれでいいんです・・・』 (鼻水ずるずる)


シリーズ『カピと葉っぱ』完。 <シリーズだったのか?

写真はもちろん全てRicoh Caplio GX100で撮影です。
カピバラのユキさん@伊豆バイオパークです。
しかし「カピバラのユキさん」ていうより、ついつい「カピバラのおユキさん」と呼んでしまう今日この頃です。
語呂がいいような。

ところで今日は上野に行ってきました。
春の陽気で人が多すぎて多すぎてへとへとになりましたが・・・
またそのうちアップする予定であります(`・ω・´)>
関連記事
 2008/03/22 21:36 伊豆バイオパーク | TB(0) | CM(2)

  ♪葉っぱだ葉っぱだ嬉しいな~ 

RIMG6921.jpg
Ricoh Caplio GX100 『葉っぱだ葉っぱだ嬉しいな~』

 ↓

RIMG6922.jpg
Ricoh Caplio GX100 『むはっ』


葉っぱを目の前にしたカピバラ@伊豆バイオパークです。
葉っぱへの愛が感じられる写真・・・になってるようななってないような。
2枚目の写真は結構味のある写真かなと。1枚目も2枚目も写真のポイントは鼻水ですけど。
カピバラは割りといつも鼻水を垂らしてますが、そこもまたかわいいところです。

そうそう、カピバラといえばですね、某本屋さんで見かけたんですが下記の本の真ん中くらいにカピがどーんと。
amazonに画像がなくて、出版元の学研にリンクしてみます。
『ほんとのおおきさ動物園』です。
動物の本当の大きさを実感するためのちびっこ向け大型写真集なのですが、カピバラも登場しています。
埼玉のうみさんがどでーんと載っています。
カピのでかさが伝わっていいと思います。


gakkenn.jpg

http://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?code=1020293000


The Lord Of The Ringsの進捗:
難しい。ロスロリエンに来て、ケレボルンさんとガラドリエルさんの前に出てみんないろいろお話しているのですが、2人の語る言葉がなんだか難しくて進捗しないです。倒置まみれ。
うぬぬ、恐るべしエルフ。


もやしもんのマグネット第二弾発売@海洋堂
第一弾ではいなかったトリコイデスとかエドデスがいて嬉しい。
またガチャガチャでいくら散財するのか・・・

http://www.kaiyodo.co.jp/products/moyasi2.html
関連記事
 2008/03/21 20:43 伊豆バイオパーク | TB(0) | CM(0)

  寝すぎた一日 

RIMG4981.jpg
Ricoh Caplio GX100 『ふもふも・・・』

今日は祝日でしたがそれはもう丸一日寝てしまいました。
上野とか行こうかと思っていたけど寝てしまっていていけなかったという。
しかしこれだけ寝れるというか眠いのは花粉症の薬と関連があるのですかね。

写真は寝ている市原のカピバラです。
それではおやすみなさい。<いい加減起きよう自分よ。
関連記事
 2008/03/20 19:14 市原ぞうの国 | TB(0) | CM(0)
  プロフィール

バラリ

Author:バラリ
カピバラが好きです。

このブログについて
プロフィールはこちら

  もうひとつのブログ
カピラーゾフの兄弟

カピラーゾフの兄弟、という読書ブログをやっています。
  私が出会ったカピバラ一覧


2011年1月更新
  ねずみの仲間一覧


ねずみの仲間について。 ※中途半端ですが公開。上の画像をクリック。
  いろいろやってます

ようつべへのリンク画像
youtubeに動画をアップしてます。

ふりっかあのリンク画像
ブログにない写真も多く載せてます。

ついったーへのリンク画像
ツイッターやってます。
  リンクについて
ブログはリンクフリーです。



  月別アーカイブ
  ブログ検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。