カピバラカメラ capybara camera

カピバラが大好きです。

  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --/--/-- --:-- スポンサー広告 | TrackBack(-) | Comment(-)

  【Capybaras】1. General Characteristics of the Capybara 

tan-DSC_5351.jpg 
They generally move in a slow and dignified walk. 
彼らは、大抵ゆっくりと、そして堂々とした歩き方で移動する。



カピバラ本の読む読む詐欺で全然進んでませんが、一応一章を軽くまとめます。

進んでない理由はいまだに通勤時間にドラクエやってるからであります・・・(><;)
いやーこんなにクリア後延々と楽しめるドラクエって今までありましたでしょうか!!
いままでだってそらやりこみとか、何かのコンプとかをする方々は延々とやってこられたでしょうけど、今回の地図の仕組みはなんだか今までやりこんだりしなかった私のような層も長らく離さない効果がある気がします。でもそろそろもう満足したのでやめます。

ドラクエの話はおいといて、とりあえず1章。

1章は、ごく一般的な説明を全体的に行う、って感じの章でした。
(あんまり書きすぎると著作権的に・・・とかありそうですので、簡単に・・・でも書きすぎな予感・・・)
 
・カピバラは最大のげっし目だけどげっし目っぽくない(尻尾がないとことか)、
・普段のろのろ敵が来たときだけ早い
・群れは親戚というか、よく知っているカピバラ同士の社会でよそ者は歓迎されない。
・半水生動物で水なしでは生きられない。

DSC_9364.jpg
たまにある、素早い動きのイメージ映像


★分類と分布

・カピバラ
南アメリカのcapybara カピバラ Hydrochoerus hydrochaeris と、
パナマ、コロンビアなどにいるlesser capybara Hydrochoerus isthmius の2種に分けられる。
(この"lesser capybara" は普通のカピより小さいカピです。日本語でなんていえばいいんだろう。レッサーカピバラ、でいいですかね?レッサーパンダのレッサーと同じレッサーと思われ)

・以前は4つの亜種があると考えられていたけど現在はひとつも確かな亜種とは考えられてない。
(えええー(><;)、絶対いろいろあると思っていたのに!これはちょっと悲しいw でもそれもまた一説かも。)

・カピバラの呼び名は国別&方言別で山のようにある。
"capybara" は、パナマ川流域に住む the Tupi-Guarani っていう種族の言葉 "capiigüá" から来たらしい、とかなんとか。
・学名はギリシャ語の水豚から。 

★歴史

・1556年の文献に出てくる記述が最古らしい。ふるー

・19世紀になると(多分探検家とか沢山登場したので)記述が増える。
(大人カピバラが女性におとなしく従っていた、とか、いろいろ。その頃からお利口さんだったようです。)

・Lent の期間=四旬節{しじゅんせつ}または受難節{じゅなんせつ}、灰のの水曜日(Ash Wednesday)から復活祭(Easter)までの40日間で、復活祭に備えてカトリックの信者が断食と悔い改めを行う期間。基本的に肉を食べない。

ベネズエラでは昔、湾岸から遠いところに住む人はLent の期間魚が食べられない、それを見かねて同情した神父がローマ法王に直訴、塩漬けのカピバラ肉を『これは水生の動物です(=つまり魚と同じ)』と送ったところ、法皇はそれを魚だと認めた伝統が今も残る、とのことです。

★化石

36種類くらいあって今より全部でっかいサイズらしい。

★描写っていうか説明っていうか(このあたりは各部位別にもっと詳しく後の章で解説があります)

・最大のげっし目であり、頭は四角く、尻尾は短い、前足の指は4本、後ろは3本、水かきが発達している、毛は長くてゴワゴワしており、色は赤茶からグレーまでさまざま。

・野生では、毛の色がpalest =薄い、淡い色、のカピバラは拠水林に多く、
darker and reddish =より暗くて赤っぽい色のカピバラは、オープンエリアの草原に多い。

・モリージョがある
sebaceous=皮脂を分泌する

★ステータス

・公的には絶滅危惧種ではないが、とても減っている、特にLent のある3月ごろの密猟が多い。
・牧場は武装したプライベートガードを雇ってカピとウシを護っているが、密猟者が捕まっても裁判ではたいした罪にならないのが痛い。
・オーナーがよほどカピバラを保護しようとしない限り、存続は難しい。
・ブラジルでは人口も増えており、そういった場所からはカピバラが消えている、
・ウルグアイでは保護する法律もあるけど全然機能していない(ウルグアイではソーセージとして売られている)、
・特にウルグアイからは絶滅しそうな流れになっている。


というような、全体の説明が1章でした。
それぞれの詳しいことはまた後の章で語られている、予感。

関連記事
スポンサーサイト
 2009/08/31 23:39 カピバラ本を読む | TB(0) | CM(2)

  【カピバラ】【市川】ペエー君もロゼちゃんも寝てるよ。 

20090831-001.jpg 『食べ残された葉っぱとサツマイモ』

さて、昨日の市川市動植物園です。
着いた時刻@11:30ごろは、なんだかこうして朝or昼ごはんが終わったあとの状態でした。
カピバラたちはどうしていたかと言いますと・・・

20090831-010.jpg

ふもー

ペエー君は寝てますた。(´・ω・)

いっぽうロゼちゃんは・・・

20090831-011.jpg
ふもー

寝てた(´・ω・)

しかしなんとなく、同じような姿勢で寝ている二人( ´∀`)
かわいい。

それにしても余りにも動かないので、ちょろっと他のみなさまを見学にいきました。

20090831-002.jpg
『hedgehog's dilemma』

こちらはアフリカタテガミヤマアラシさん。
土管の中にいるのしか見たことなかったのですが、初めて外にいらっしゃいました。身体全体を見れたのでパチリ。
ふもっとした平和そうなお顔をしていらっしゃいます。 毛もつややか。しかしお尻の方は触ると痛そう。

ヤマアラシといえばジレンマ。 ヤマアラシと書いたら一度はジレンマと書かないと気持ち悪いから書いておく。

20090831-004.jpg
こちらは、サル山の一角です。
手前に見えるコリラックマのぬいぐるみが、子ザル「オトメちゃん」のお母さんです、正確には、お母さん代わり。
詳しくはこちらでぜひ・・・Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん

大変恥ずかしながら、市川に何度か行っているのに、ごきんじょワイルドさんで読むまでオトメちゃんのこと知りませんでした・・・orz サル全般をスルーしてしまういつもの癖でして・・・。ううう。しかしそちらを読みまして、なんだかジーンとし、今回オトメちゃんとコリラックマぬいぐるみをちゃんと見ようと思って行きました。

この日は、こうして上向いてひっくり返っているときもありつつ、別の小猿と取り合い?みたいなことをしていたりもして、少し離れてはまたぬいぐるみを取りに来て、また離れて・・・というような感じでした。親離れの途中なのでしょうか。飼育員さんの手書き解説書もとても素敵でした。

20090831-003.jpg
こちらは、マンドリルさんのお尻です。
何がどうなったら自然にこんな色になるんだ毛が。すごすぎる色合い。

20090831-006.jpg 『仲良く毛づくろい』

こちらには、マンドリルのオスのゴンさんとメスのジョディーさんがいらっしゃいますが、それがもう本当に仲良し!!
見てる方が照れるくらい、素敵な時間が流れるマンドリル舎です。
サル系はスルーしがちなのですが、マンドリルはちょっとファンなのであります。

20090831-007.jpg

ところでマンドリルの「マン」は、人の「マン=man」らしい。ふむふむ。wikiより。
そして分類が壮大に深い。

霊長目直鼻猿亜目狭鼻下目オナガザル上科オナガザル科オナガザル亜科マンドリル属マンドリル

な、ながいよう・・・(;´Д`)


そんなこんなで、一周軽く回りまして、カピバラはもうそろそろ活動してるかなと戻ってみると・・・

20090831-009.jpg
ちょっと起きてた(´・ω・)

20090831-008.jpg

こちらはさらに深い眠りに・・・。 (;´Д`)

カピバラたちが活動するのはこの後なのでした。 
以後、だらだらと続く。


★ところで、全然更新していないHPですが、超久々に見たら「3ヶ月以上更新がない場合に出る広告」が出てた!!ぎゃあああ。更新するぞーおー!書きたいこといろいろあるのですが、割りと腰が重い・・・しかし書きたい。
関連記事
 2009/08/31 21:33 市川市動植物園 | TB(0) | CM(4)

  【市川】【レサパン】市川に行って来ました。 

DSC_9733.jpg 
『モノクロレッサーパンダ』

今日は市川市動植物園にカピバラを見に行ってきました。

いつもすぐにカピバラの写真を載せるのですが、たまには市川市動植物園の目玉動物であるレッサーパンダさんの写真を・・・。
上は、なんとなく柵越しのようすに白黒が合いそうだったので加工した写真です。

レッサーパンダ 
『カラーレッサーパンダ』

こちらは撮ったそのままのカラー。
ちょうど目の高さくらいの場所にレサパンさんたちがいて、熱いレッサーファンの方々が雨の中、おおきなカメラでいい表情を狙ってらっしゃいました。私は熱くカピバラを狙っていたわけでありますが・・・

市川にはレサパン沢山いますねー。千葉市動物園にもフウタ君をはじめ沢山レサパンがいて、千葉はカピバラも多いですがレサパンも沢山ですな。

今日もみなさまにお会いし、楽しく見れました。どうもでした~( ´∀`)/
関連記事
 2009/08/30 22:15 市川市動植物園 | TB(0) | CM(4)

  【カピバラ】【動画】カピバラがニンジンを食べている動画。 

blog_20090829_3.jpg 
動画から切り抜き。口からニンジン。


「市原の動画をアップする予定です」と何度も書いたのに全然アップしてなかったのですが、ここらでアップです。

ひとことで言うと、「お客(わたし)がカピバラににんじんをあげて、カピバラがニンジンを食べている」だけでありあます。

しかし、一応見所は下記のとおり。

1.カピバラのにんじんが欲しくてちょっかい出してくるアヒルさん

blog_20090829_4.jpg 

これは私がダメでしたなぁ・・・(反省)
市原は以前は500円のバケツに「鳥のえさ」も一緒に入っていましたが、最近は別々の販売になりました。
そのため、鳥のえさを買わずに、鳥さんに全然えさあげなかったんですよね・・・
それで多分お腹をすかせた鳥さんが、カピばっかりわたしがご飯をあげてるもんだから「くれっ」って感じでカピの口元をつっついてきている様子が動画に入っています。

鳥さんにもカピにも申し訳ない感じです。しかしニンジンをいきなりアヒルの前に出すってのもないと思いますので、次回はちゃんと鳥のえさを買おう。そして右手でにんじん左手で鳥のえさを配り、さらに撮影もしよう・・・<どこの千手観音だよ・・・


2.アヒルさんにつっつかれたカピ新さんが、今度はカピ緒さんをつっつく。

基本的に最初から最後まで写っているのはカピ新さんですが、カピ緒さんも後ろのほうから「わたしにもニンジンください~」という感じで登場し、こうして並びます。

blog_20090829_0.jpg 
左カピ緒さん、右カピ新さん

わたし 『わーカピ緒さんもきたーあげようー』 とにんじんを差し出す

今まで独占していたカピ新さんがむかっとする

カピ緒さんをどかそうと体当たりというか顔あたりをする

blog_20090829_1.jpg 
blog_20090829_2.jpg 

ここも地味に見所です。
そして慌ててカピ新さんに「あ、まだカピ新さんのもありますあたふた」とニンジンを差し出す私です。


3.全体的なみどころ<フェチ向け

にんじんもぐもぐシーンが大半ですので、カピバラの口の動きがよくわかるかと思います。
一部のフェチの方にはたまらない部分がいくつか。

blog_20090829_5.jpg 
べろーん 

これとか、

blog_20090829_6.jpg 

これとか、

blog_20090829_7.jpg 

これとか。(*´Д`)ハァハァ


ではでは、いつもどおり何の編集もしていない撮っただけ動画(そして長い)をどうぞ。




【カピバラ】にんじんを食べてる市原ぞうの国のカピバラさん


★ところで、長崎バイオパークのヴァーチャルビュー360度見ました。
すごい!ぐるっと一周カピバラを見ている気分になれますね。

これ見てて思いましたが、アンデスの音楽というのは別にアンデスがふるさとではないわたしでもなぜか郷愁とかふるさとみたいな気持ちになるのはなぜだろう。楽器の音色がそういう感じなのかな。いや、わたしの本当のふるさとはやはりアンデスなんだな・・・(ぉ

http://www.biopark.co.jp/index.htm
関連記事
 2009/08/29 12:00 市原ぞうの国 | TB(0) | CM(4)

  【カピバラ】【上野】今週もお疲れさまでした。 

DSC_9570.jpg 
DSC_9571.jpg 
『タンさんの視線』


今週は飲んでばっかりでした。
土日は動物園に行くぞ、と誓うのでありますが、明日は起きれなさそうなので明後日にするかな。。
関連記事
 2009/08/29 01:08 上野動物園 | TB(0) | CM(0)

  【カピバラ】【市原】あさちゃんところもちゃん 

カピバラ タイトル 『頭隠さず尻も隠さない』

なんだか最近のアップしてなかった写真を日々アップしていますが、今日はふと市原とか。
そしてなんとなく、あさちゃんところもちゃんの写真です。

さて、以下2枚の写真を見比べてみましょう。

20090825-005.jpg 
20090825-003.jpg

どちらの写真もアップですが、実際はかなり遠くから望遠で撮っていますよ~


さて問題です。
どちらがあさちゃんでどちらがころもちゃんでしょうか?






答え:上がころもちゃんで下があさちゃんです。


ええっと、多分です。。。(´・ω・)

おそらく、なんとなく・・・(自信がないようだ)

しかし子供の頃から毛の色が濃いほうがころもちゃんで薄いほうがあさちゃんだった気がするので、これでいいような・・・

違うぞ!という場合はご指摘ください<みなさま。

双子さんだから当たり前とはいえ、毛の色以外そっくりですな。
並べてみました。


renketsu.jpg 

あさちゃんの方が鼻の上のところがちょっと膨らんでいるかな?しかしこのときたまたまそうだったのかも。

それにしてもなんていうか、正直お父さんのクレオさんより娘さんたちのほうがなぜか男らしい顔立ちのような気がするのは気のせいか・・・

20090825-001.jpg
「ふもーん」 のポーズ 

20090825-002.jpg
「ふぬーん たべものください」 のポーズ

ああ、なんだか今日は夜更かしです。


★会社に北海道帰りの人がいて、バターサンドのお土産が会社に沢山ある幸せヽ(´∀`)ノ
めちゃうまー
しかしカロリー高そう・・・


★今日、ドコモ携帯を使っている知人Y氏から、携帯に表示されるニュースが、
のりP伊豆カピバラの赤ちゃんお塩先生、の順番だったよとメールが来ました・・・。
カピがすごいのか、なんとなく微妙な位置に・・・。
関連記事
 2009/08/26 01:44 市原ぞうの国 | TB(0) | CM(4)

  【カピバラ】【上野】ビックリしてるらしきタンさん (゚Д゚) 

DSC_9458.jpg
ソクさん 『ふもふも』  タンさん 『これは・・・・!』

ちょっと時間が経ってしまいましたが、こちらは、先日上野で行われたバク&カピバラ夜ご飯タイムの10分イベントの際のカピバラご夫婦です。

ちょっとだけ、タンさんの表情がビックリしているように見えるのは、お客さんがとっても多かったからです。 イベントの5時に近づくにつれて人がどんどん増えて何重にもなっていたので、『なんだこれは、人大杉』 とか思ってる感じで、可愛かったです。 むふふ。

DSC_9462.jpg
ちなみにソクさんが見ている視線の先には、飼育員さんがいます。バケツいっぱいの葉っぱを夜ご飯として持ってきてくれました。

でもすぐにカピバラが食べに来るかといえばそうではなく・・・
バクさんが一番でした。ラマのキューさんはおばあちゃんでして、ご飯にがっつきません。

DSC_9467.jpg バクさん手前、カピ奥でおとなしく待機中。

カピバラは多分本当はがっつきたいところでしょうが、バクさんの方がなんとなくカピ舎における権力者なのでw、先にバクさんが食べにくる。

DSC_9468.jpg カピバラの待機姿勢かわいすぎる。

ソクさん 『・・・はやくたべたいなぁ』

このあとバクさんがひとしきり食べ終わると散らばっていきました。
そこでやっと手前にカピバラが登場! お客さんも「カピバラきたー」てな感じでちょっと盛り上がったり。

DSC_9475.jpg
『やっとたべれるねー』『よかったねー』『きゃべつおいしいねー』『はむはむ』

って声が聞こえてくるような、ちょっと笑顔のソクさん( ´∀`)
ちょっと奥さん、この2人見詰め合ってご飯食べてるわよアラヤダワー、てな仲良し具合です。

DSC_9558.jpg

ちなみに、またバクさんが食べに戻って来るとカピバラ夫妻は慌てて散っていきました・・・苦笑w
いや、バクさんが悪い人ではなく、これはなんか条件反射みたいなものだと思われます。


以下、さらにその後のカピバラ夫妻。

DSC_9546.jpg

タンさん葉っぱを食べながらソクさんを見る。

DSC_9549.jpg

ソクさん気づく。タンさんのほうへ向かう。

DSC_9555.jpg
一緒に食べながら、葉っぱを食べるソクさんを見つめるタンさん。やさしい雰囲気です。( ´∀`)

この週末は動物園に行かなかったので、来週は行きたいなーと思っております。

(`・ω・´) ふがっふがっ。

★ところで、カピバラ洋書ですが、かの有名なアメリカのCaplinさんが読まれた感想はどうもいまいちだったみたいですw でもまあ、英語の勉強と思って最後までがんばって読みます!


★ちょっと気になる製品のホームページを、自分ではお気に入りにしたはずなのにどこをどう探してもお気に入りに登録してない・・・そしてどんな検索ワードでそのホームページにたどり着いたか忘れてしまってその製品に出会えないことってありますよね・・・orz
関連記事
 2009/08/24 20:25 上野動物園 | TB(0) | CM(2)

  【カピバラ】熱い選挙戦スタート!カピバラ党からもマニフェストが発表されました。 

senkyo-humohumo.gif  


カピバラ党のマニフェストを、党首のクレオ氏が発表しました。

テーマ 『今こそ作ろう!カピバラに優しい社会を!』


1.全都道府県に最低1つはカピバラと触れ合える公園を設置します。
2.総合施設として、東京に東京カピバラランド(広さは東京ドームの約20倍)を設置します。
3.毎月2日は「カピバラの日」として、国民の祝日とします(そうすると私の誕生日が必ず祝日になる)。
4.「カピバラ有給」を取得した場合、日数に応じて所得税及び住民税が控除される抜本的な税制改革に乗り出します。
5.政党寄付金は全てカリカリでの物納とし、クリーンな政治を目指します。

とのことです。


あなたの一票が、カピバラの未来を変えます。


あ、ここで党首クレオ氏の最新インタビュー画像が届きましたのでご紹介します。

DSC_8457.jpg かしかしかし・・・

DSC_8459.jpg くんくん

DSC_8460.jpg あれ、ちょっと足くさいかな・・・。


終わり

しかし「くんくん」の写真はヨガに見える・・・


このエントリは、フィクションです。クレオさんは立候補してませんので、実際の選挙では書かないようにしてください。市原のみなさんとは関係ございません。こんなことしてスミマセン・・・

たまには時事ネタなんぞ・・・

本当のポスターって背景が景色じゃなくて一色のカラーですよねー。でもベジエ曲線とか面倒だからそのままです。

※こんなエントリ作って、バラリさんて暇なんだねー、というような生暖かい目で見守ってあげてください。なんかこういうのって引くよね~とか思わないでください。(´・ω・`)
関連記事
 2009/08/21 17:33 カピバラネタ | TB(0) | CM(10)

  【カピバラ】【上野】タンさんとソクさん 

20090819-011.jpg
『蛇口』

(つづき)

のんびりふもふもとプールで遊んでいたタンさんソクさんのもとへ、バクさんがやってきました。
といっても、以前見たときのような追い掛け回しとかではなくて、程ほどの距離感を保つ同居人登場という感じで登場。

20090819-010.jpg

タンさん「あ、バクさんだー」
ソクさん「ほんとだー」 

20090819-013.jpg
タンさん「プールにくるかなー」

20090819-006.jpg 

ちょっとそわそわ。

20090819-008.jpg
タンさん「バクさんプールにキタコレ。では俺らは出ようか」

20090819-014.jpg
タンさん「よっこら・・・」

バクさんが来たので、プールをゆずる大人なカピバラ。
でも出て行ったのは・・・

20090819-015.jpg
タンさんだけでした。ソクさんは数分バクさんと混浴。単におトイレだったのかもしれませんが。。。
ポイントはタンさんの姿勢です。ちょっとかわいい・・・っていうか、バクさんを避けてすごくかしこまった姿勢になってるタンさんがかわいかったですw

こういう様子を見れるのが上野のいいところかなと。
3種混合ならではの動物同士の気遣いというか。単にバクサンが怖かったという説もありますがw。それでもこういう各々の絡みみたいなものは、ずーっと見ていて飽きません。

20090819-004.jpg
ソクさんもプール終了。よっこら・・・

20090819-005.jpg
その後お客さんに姿を見せるかのように柵の近くを練り歩くカピバラご夫妻でした。

撮影:Nikon D80+VR70-300mm


★ところで、来年の年賀状用にと、上野でトラの写真を撮ってみました。

20090819-001.jpg

:(;゙゚'ω゚'): ぎゃああーなんか怖いようー
シャッター優先なんとかにして撮ってみたらこんな恐ろしい雰囲気のが撮れました。
(というか、シャッター速度の変え方がわからないからそのまま撮ったら暗すぎただけ)

さすがにこれは年賀状にはできん・・・。
関連記事
 2009/08/19 22:15 上野動物園 | TB(0) | CM(2)

  【Capybaras】 Capybara本を読む。 

20090818-013.jpgカバーを取るととってもオシャレ!!むっきゃああああ~ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ

booooook.jpg 


Rexford D. Lord 氏著
"Capybaras: A Natural History of the World's Largest Rodent" がこのたび発売されました。

そしてめでたくアマゾンから到着しましたヽ(´∀`)ノ
ぱ~らぱらとめくったところ、沢山の白黒写真と数ページのカラー写真、そして、ベネズエラのある地域で毎年一斉カピバラ数調査などを行った記録、などなどがあります。

カピバラの生態に関しては、もしかしたら動物園でじっくり見ている日本のカピファンならよく知っているようなことや、wikiレベルにあるようなことも多いかもしれないです。

しかし、とりあえず1冊丸ごとカピバラ研究書であることや、辞書片手に英単語調べながら読むこの感覚が大学時代みたいなので、とりあえず最初からマジメに、真剣に読解したいと思います。

しかし携帯電話に入ってる辞書じゃ単語が追いつかんであります。ノ(´Д`)ヽ
単語がマニアック気味。

とりあえず序文と謝辞は読みました。

★序文★
・カピバラとベネズエラでの10年に渡る研究の成果を本にした、
・南米の国立公園には監視員が不足密猟者が沢山
・でも多くの南米の土地は個人の所有で、近年の人口増加で牧場にする牧場はマーケットの影響を受けやすいので割りと多角経営でカピも育てる、カピ肉は牛肉の2倍の値がついたり、欧州やアルゼンチンではカピ皮の需要があるためカピを育てることは牧場の利益になる、
・牧場の中にはエコツーリズム(これはどんなのだろう?)を収入源としているところもあり、このままだと減少してしまう野生動物に有効、
・肉や革のために生産性をあげることは南米での野生生物保護に有効なストラテジー

って言っているような気がする、多分・・・

★謝辞★

いろんな人への挨拶とともに、協力している奥様と息子さんへも挨拶が。
奥様は獣医の国の機関?か何かで働くような人らしい、すごーい。
息子はMAP作成(きっとソフトが使えるとかだな・・・)

家族総出でカピバラ研究なんて素敵・・・(*´Д`)

以後、のんびり読んでいきたまに感想書きます。
関連記事
 2009/08/19 00:17 カピバラ本を読む | TB(0) | CM(0)
  プロフィール

バラリ

Author:バラリ
カピバラが好きです。

このブログについて
プロフィールはこちら

  もうひとつのブログ
カピラーゾフの兄弟

カピラーゾフの兄弟、という読書ブログをやっています。
  私が出会ったカピバラ一覧


2011年1月更新
  ねずみの仲間一覧


ねずみの仲間について。 ※中途半端ですが公開。上の画像をクリック。
  いろいろやってます

ようつべへのリンク画像
youtubeに動画をアップしてます。

ふりっかあのリンク画像
ブログにない写真も多く載せてます。

ついったーへのリンク画像
ツイッターやってます。
  リンクについて
ブログはリンクフリーです。



  月別アーカイブ
  ブログ検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。