カピバラカメラ capybara camera

カピバラが大好きです。

  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --/--/-- --:-- スポンサー広告 | TrackBack(-) | Comment(-)

  上野動物園サポーターズデイ「夏の朝の動物園」に行ってきた。 

RIMG10299.jpg

今日は、早朝から上野動物園に行ってまいりました。
実はひそかに、上野のサポーターになっておりました。

「朝の動物園」は、文字通り朝の動物園を体感するというものです。
通常の上野の開園時間はAM9:30。
しかしサポーターのみ、本日はAM8:15から入園でき、
朝の動物の様子、特に朝方にエサタイムがある動物をじっくり観察することができます。
さらに、各所に飼育係さんが立っており「なんでも聞いてください」というプラカードを
持っているので、いろいろと何でも質問もできました。
また、エサや生態についての説明もしてくださいます。

わたくしちょっと遅刻をしてしまいまして、カピバラ前に着いたのがAM8:40くらいでした。

capybara and tapir and llama AM8:40頃のカピバラ舎前。 Capybaras and tapirs at Ueno Zoo in Tokyo

プログラムによると、AM8:30からカピバラたちの場所では、
「みんな一緒に朝ごはん」が開かれていたとのことで、こんな様子でした。
もうちょっと早く来れば、草が出る瞬間とか見れたのかな~と思い、眠気に勝てなかった自分に凹むorz

 DSC_0200_20080824_2048.jpg

普段も同じ草を食べてはいると思いますが、こうしてカピとバクさんが近くで食べてる様子は、
割りと珍しいような。どうでしょうか。

DSC_0204_20080824_2040.jpg
バクさんとゆずちゃんのツーショット。

DSC_0205_20080824_2039.jpg
バクさんに近づくゆずちゃんとその後ろにいる父タンさん。

食事に一段落したカピたちを観察し終わったあと、西園にカバさんなど見に行きました。
どこでも飼育係さんがいらっしゃって、お話など聞けて楽しかったです。
その後またカピ舎に戻ってくるとそこではドラマが。

ドラマ内容は、バクが怖すぎる。私がカピだったら別居したい、です。
これは割りと長くなるので、後日(多分埼玉の双子をいろいろ載せたあと)にしますが、
ここに書いておけばきっと忘れないかと思って書いておきます。
<忘れてたら突っ込んでくださいませ。

とにかく、バクさんが怖いです。
以前もバクさんが怖いと書いたとは思いますが、その際は、オスバクがメスバクに発情していて、
つまりバク同士でおっかけっこしていただけで、その勢いがありすぎたので、
カピ一家とリャマさんが「よけていた」という感じ。

しかし今日は、オスバクのサムが、カピに狙いを定めて追い掛け回しておりまして、
カピ一家がひたすら逃げ回っていたという、、、
バクの事情はわかりませんが、カピ一家にとっては結構なストレスだろうと思われる。
全く落ち着けない、緊張感がありすぎる。

DSC_0201_20080824_2047.jpg こちらがバクです。葉っぱを食べています。

そうそう、いつものカピ舎前は「あれ何?カピバラさん?」という感じのコメントが多いですが、さすがはサポーターズデイ。
普段から動物園に来てらっしゃる方が多いと思われ、コメントを聞いてて面白かったです。
とあるチビッコは
「あれ、バクって昼間に来るとあまり声出してないけど、朝は結構鳴いてるね!」
なんていいながら、ノートにメモしてました。

素晴らしい!(´∇`)

★そして、イベントとは関係なく相当驚いたこと。

DSC_0273_20080824_1983.jpg
カピバクリャマ舎前に、コーンで小さな囲いがされていました。
よく見ると・・・

DSC_0241_20080824_2013.jpg


Σ(゚Д゚)


か、かんばんが登場している・・・!
このあたり、よっぽど毛虫ゾーンだったのでしょうか・・・orz
6月に続き9月も幼虫が出る時期なので、気をつけましょう・・・(気をつけようもないですけど)



★おとといの「恋愛新党」の上様素敵でした。
「いったんCMで~す」ていうあのターザンぽいところは激萌えであります。
DVD出ないかな~恋愛新党。
関連記事
 2008/08/24 21:14 上野動物園 | TB(0) | CM(2)
 Commented by at 2008/09/04 22:07 [ 編集 ]
毛虫看板…見た瞬間のカピバラリさんの心中を察しますと……いやー

しかしその展示場の右の端っこは、スズメの砂浴びの場となっていて、ワタクシ、カピそっちのけで撮影しておりました。まさにそのコーンの範囲内で。
無事だったのは単にラッキーだったのでしょうか…。
 Commented by at 2008/09/05 00:40 [ 編集 ]
>>capybaraengineトバリさんこんばんわ

ほんと、この毛虫看板にはビックリしました・・・(><;)
しかもなんとなくかわいい絵なところに少しだけ萌えたりして、なんていうか複雑な気持ちに。。。

ていうか、カピ舎ですずめさんたまに見かけますが、カピそっちのけで撮影するって一体どんな感じだったのですか!笑。
ちょっと気になります!!
それにしても、無事で何よりでした。
多分、突風だったのが決め手だったと思います。




コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
  プロフィール

バラリ

Author:バラリ
カピバラが好きです。

このブログについて
プロフィールはこちら

  もうひとつのブログ
カピラーゾフの兄弟

カピラーゾフの兄弟、という読書ブログをやっています。
  私が出会ったカピバラ一覧


2011年1月更新
  ねずみの仲間一覧


ねずみの仲間について。 ※中途半端ですが公開。上の画像をクリック。
  いろいろやってます

ようつべへのリンク画像
youtubeに動画をアップしてます。

ふりっかあのリンク画像
ブログにない写真も多く載せてます。

ついったーへのリンク画像
ツイッターやってます。
  リンクについて
ブログはリンクフリーです。



  月別アーカイブ
  ブログ検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。