カピバラカメラ capybara camera

カピバラが大好きです。

  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --/--/-- --:-- スポンサー広告 | TrackBack(-) | Comment(-)

  隅っこタンさん 

blog20081204_013.jpg 『銀杏』

11月29日の上野動物園の写真です。
カピバクリャマ舎で父カピバラのタンさんがあまりにも隅っこにいるので、いろいろと場所を変えて観察・撮影してみた、の図です。

blog20081204_006.jpg

カピバクリャマ舎の左手前には、なんだかこんな激しい木というか葉っぱが生い茂っています。
そこからタンさんを見るとこんな感じ。ちょっと森の中でカピバラに出会った感じです。

そのタンさんを、背中側から見ると、

blog20081204_003.jpg
『父の背中』

こんな感じです。
カピバクリャマ舎の左側から中を覗いた感じになります。
木と柵があって非常に見づらいのではありますが、ここにいる時はもしかしたら、
上野のカピバラに物理的な距離では一番近づける場所かもしれません。

blog20081204_005.jpg

ちょっとだけ向きを変えて、タンさんの目が確認できたの図。
しかしここの柵の横にある木は、もしや私の敵である某植物な気がしなくもないです。
(いや、敵っていうか花は美しいんですけどね)
まあ、冬なので大丈夫だと思いますが。

blog20081204_004.jpg

同じあたりから見てみた茶リャマのイチマルさんはこんなふう。
ちょっとかわいい。

タンさんが隅っこにいた原因は、やっぱりいつもの通りバクさんを避けていたからかも。
それがわかるようすがこちら。

blog20081204_009.jpg

リャマさんズです。
『あら、また何かしてるわね』
という感じで、イチマルさんもキューさんも同じ方向を眺めています。
視線の先には、

blog20081204_010.jpg
バクさんズです。
いつものごとく追いかけていました。

特に絡みというわけではないですが、ちょっとカピの近くにリャマさんとバクさんが来た時のようすを以下に。

blog20081204_001.jpg

カピの方に白リャマのキューさんがいらっしゃったときのようす。

blog20081204_002.jpg

特に絡みません。

blog20081204_007.jpg

カピのほうにバクさんが来たときのようす。

blog20081204_008.jpg

微動だにしません。

上野は子カピがいなくなり寂しくなったけど、元気にリャマさんたちと過ごしてくださいよ、タンさん。
そしてこの日は姿が見えなかったソクさんも。

blog20081204_011.jpg

こんな感じで、秋の終わりの上野の1日は過ぎていったのでした。

blog20081204_012.jpg

てかもう冬ですね。
冬の動物園でカメラを構えると手が凍えそうなので、ちょっと機能的な手袋が欲しいなぁと思っている今日この頃です。

撮影:Nikon D80+SIGMA17-70mm


★読みたいなーと思った本4冊がたまたまハードカバーしかない件orz
うーむ。日本にもペーパーバックみたいなものを導入してほしいです。
よほど装丁を堪能したいとかコレクターだとかでない限り、ハードカバーの必要はあんまりないような。
でも文庫が出るまではまだ時間がかかりそうだし。。
うーむ。中身が読めればなんでもいいのに (´・ω・`)
儲からないのかもしれないですがハードカバーしかなくてそれがよりによって上下巻とかだと
なおさら買うの躊躇してさらに儲からない気がするんだけどそうじゃないのかな。


★カウコンの申し込み要綱が来ましたですね。
今年は初めて抽選に申し込みをしてみますよ (`・ω・´)
関連記事
 2008/12/04 18:35 上野動物園 | TB(0) | CM(2)
 Commented by at 2008/12/04 21:30 [ 編集 ]
こんばんは、
タンさんの後姿に、父の偉大さを感じてしまいます。
ゆずちゃんの幸せを、静かに願っているのでしょうか。
私も一度ゆずちゃんに会いたかったです。
 Commented by at 2008/12/04 22:44 [ 編集 ]
>>くま子さんこんばんわ!
コメントありがとうございます。
タンさんの背中、たまに切ない時とか頼りない時もありますが、
きっとゆずちゃん&みかんちゃんという娘たちの幸せを願っているだろうと思います。
(もしかしたら葉っぱについてとか、奥様のソクさんについてとか考えているかもしれないですが・・・笑)
しかし上野の子カピはちょっと大きくなると割りにすぐお嫁に行ってしまってなかなか会えるチャンスが短いですよね。
遠くで元気に暮らしていることを祈るばかりです。


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
  プロフィール

バラリ

Author:バラリ
カピバラが好きです。

このブログについて
プロフィールはこちら

  もうひとつのブログ
カピラーゾフの兄弟

カピラーゾフの兄弟、という読書ブログをやっています。
  私が出会ったカピバラ一覧


2011年1月更新
  ねずみの仲間一覧


ねずみの仲間について。 ※中途半端ですが公開。上の画像をクリック。
  いろいろやってます

ようつべへのリンク画像
youtubeに動画をアップしてます。

ふりっかあのリンク画像
ブログにない写真も多く載せてます。

ついったーへのリンク画像
ツイッターやってます。
  リンクについて
ブログはリンクフリーです。



  月別アーカイブ
  ブログ検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。